© 2016 Shinonome Works.

  • 木田 裕介

2/18 弾き語りShinonomeに来る人や来たいと思っている人へ。

2019/02/18(MON)

Shinonomeというイベントの第24回目。

先日書いたブログでも取り上げたところから、大阪アルコサイトより北林英雄を新たに迎え入れ、治安と判断力を犠牲に音楽の才能を受け取った6人の精鋭達(褒め言葉)で完成した弾き語りイベント。

僕の予想だけど98%の確率で出演者+僕の合計7人のうちの誰かが酔っ払って、携帯か鍵か財布を無くす。

とても不安。誰か見張っていて欲しい。打ち上げ前に潰れたくない。



ともあれ。


前売りチケットはありがたいことに売り切れました。

本当にありがとうございます!

当日一緒に楽しみましょう!


ただ売り切れとは言いましたが、当日券は売ります。

また主催Twitterなどで告知しますが、なにぶん初めての企画なので座席の配置などが決まっていないのです。

当日椅子を並べて見て、演者のスペースを決めて、ってした後じゃないとあと何枚チケットが売れるのかがわからないのです。本当です。

なので「一旦」の売り止めです。

チケット取れてないけど行きたかった、って人、当日の情報要チェックでお願いします。

治安は悪いが皆いい奴

ということで当日の事に関して不明瞭なところもあると思うので、

僕からのお願いも含めた諸々を書き連ねます。

楽しみ方の参考にしてもらえると!!



まず普段と違うところに関して。




1.座席を用意してあります。


立ち見の人以外は確定で座れます。後ろの人が見えにくくなっちゃうので、椅子の前ではアーティストが煽った時以外は立たないでください。お願いします!

床でもよければですが、椅子の下に荷物をいれてもらったり、椅子にコートをかけてもらったりしても大丈夫です。

手荷物多めでも安心です!

立ち見の人たちの荷物に関しても何か考えたいと思っています。

立ち見の人限定でクローク100円とかにしようかな。反響あればやります。

せっかく座り公演なので、お酒なんかも是非飲んでください。

一部ドリンクのおかわり限定で割引も考えています。

他にもライブハウスで働いている木田ならやれるんじゃね?って企画、アイディアがあればどしどし受け付けております。言うことは聞きませんが、参考にはめっちゃします。




2.フロアライブです。


アポロのフロア部分にアーティストの歌う場所を作ります。

ステージの上では歌わないので、アーティストの正面はもちろん、真横でもライブが見れます。

アーティストの背後に陣取って同じ景色を見る、なんてのも乙かもしれません。

ステージも解放する予定なので、ステージからのアポロの景色をみる、なんてのもなかなかない経験になると思います。

アーティストの演奏中以外はばしばし写真撮影OKにしますので、普段は取れないアングルの写真も撮ってみてください!




3.入場順番に少し癖があります。


開場は18:00です。いつものAPOLLO BASEと時間が違うので要注意です。

立ち見限定の人は18:20開場です。

それぞれのタイミングで整理番号順での入場になります。

なぜ差があるかというと、椅子席のせいで会場内が非常に動きにくくなる予想です。

一度に立ち見の人も座席の人もポジションどりが始まると、ぶつかったりで危険なのであえて時間をずらしています。

もちろん開場時間に来れなくても入場できますし、座りチケットを持っている人は椅子に座れますので安心を!



以上3点、しっかりチェックの上で遊びに来てください!

もちろんですが、アーティストが許可した場合を除き、

ライブの録画録音などは絶対やめてくださいね!

主催の僕やアーティストへのドリンクの差し入れは大歓迎です。

安くしておくので会場内で買ってもらえると嬉しいです。買い与えてください。


とにかく普段のライブとは絶対違う雰囲気になります。

スペシャルな1日になるのでインフルエンザなどには本当にお気をつけて・・・。


僕はもう少しタイムテーブル悩みます・・・