検索
  • 木田 裕介

【Shinonome Circuit】全出演者&タイムテーブル解禁

名古屋新栄5会場サーキットイベント

Shinonome Circuit 2018


全出演者&タイムテーブル解禁


今回の解禁で、

・Kream

・Rhythmic Toy World

・SpecialThanks

・torito

・アルコサイト

・今泉光

・ぜんぶ君のせいだ。

の7組を解禁しました。


昨年に引き続き出演のアルコサイトや、

phononでも活動していたヒカルが今年も出演してくれる一方、

Shinonomeでも初めましてのアーティストを今回もこうして発表できてとても嬉しいです。


ぜんぶ君のせいだ。はもちろん特典会(?)も行う予定です。

ずっとアイドルとも何かやりたいと思っていたので、

このタイミングで初めて一緒に仕事ができるアイドルが地元愛知出身で、

ストーリーを勝手に感じています。

ちなみに、アイドルとは言っていますが今回の出演者の中でも屈指のロックサウンドのアーティストです。いい意味で裏切られに来てください。


今回出演の全40アーティストを本当は全て見て欲しいくらいに思っています。

この知名度もまだまだなサーキットイベントをチェックしてくれているみなさんにこそ、

是非出会って欲しいアーティスト揃いです。


タイムテーブルを見てどう回ろうかな、なんて考えている中で空いた時間に、

もしよければ見たことのないアーティストにも足を運んでもらえると幸いです。

他のサーキットイベントに比べても非常に距離感の近いサーキットイベントです。

一番遠いところから遠いところまででも5分あればついちゃうかもしれない。

きっと楽しんでもらえると思います。



タイムテーブルも解禁となりました。


今年のスターターは昨年大トリを任せたTHREEOUTに任せました。

彼らの出演するSPADE BOXの前でリストバンドの引き換えがあります。

彼らの裏番組(同時間帯の他の演奏)はありません。

今回出演の中では知名度がない方かもしれませんが、

地元名古屋で長く頑張ってきているバンドです。

直前にある彼らのリリースのお祝い兼ねて、 他のアーティストが目当ての方も足を運んでもらえるますと幸いです。


そして今年の大トリは、こちらも地元名古屋のスロウハイツと太陽に任せます。

スターターであるTHREEOUTとは年齢もバンド歴もほぼ同じこの地元2組が、

並み居る先輩方や、勢いのある県内外の若手のあつまるこのイベントを挟んでいることに、

名古屋のライブハウスで働く人間として、意味を感じて、意味を与えたくてタイムテーブルを作りました。

THREEOUTと同じく、今回ご来場いただける多くの方にとっては聞きなれない名前のバンドかもしれませんが、

大トリにふさわしい良いライブをしてくれると確信しております。

遅い時間ではありますが、是非最後のアーティストが終わるその最後の時までおつきあいをいただけますと幸いです。



タイムテーブルを見ていただければわかると思いますが、

今回はSPADE BOXを任せるTHREEOUT以外7組は持ち時間が40分です。

必ずしもお目当てのバンドの持ち時間が長くなったわけではないと思いますが、

これも意味合いを込めたつもりです。

是非感じていただけると幸いです。


今年から新しくsunsetBLUEも会場としてご協力いただけることになりました。

弾き語りのアーティストの出演もですが、

まだちょっとした余興・イベントも考えています。

こちらも決まりましたらみなさんにご報告できればと!


APOLLO BASE / Shinonome Circuit 木田

最新記事

すべて表示

ツイキャスを使った配信ライブ(初回)のあれこれ

慣れないことをすると疲れますね。 6/20(土)にダイアモンドホールから初の配信ライブを行いました。 BACKLIFT 少年少女秘密基地 防衛戦 ”PROTECT OUR BASE FROM COVID-19” 全国のライブハウスで、 配信ライブをやっているところもあれば、 やっていないところもあります。 別に絶対にやらないと生き残れないとも正直思わないし、 けど、使える道具の1つくらいでは持って

© 2016 Shinonome Works.